実習までの流れについて

外国人技能実習生の入国から実習までの流れ

受け入れまでにはお時間が必要です。人材の決定や、手続きや準備等は当組合がしっかりとサポートいたします。

STEP

人選選考

書類選考・面談等を通して人材を決定。
雇用契約の説明も行います。

STEP

実習生出身国での事前教育

約3~4ヵ月の間、現地にて日本語・日本文化・生活習慣などについて講習を受けます。

STEP

技能実習計画認定申請

外国人技能実習機構(OTIT)へ技能実習計画認定申請を提出。(審査は約3ヵ月です。)

STEP

入管等への申請手続き

在留資格認定証明書交付、入国ビザの申請等を行い、「技能実習1号口」という資格を取得します。

STEP

日本国へ入国

当組合スタッフが、空港へ到着した実習生を出迎えます。

STEP

集合研修

組合施設等にて、約1ヵ月かけ、日本語・法律・生活習慣・安全衛生等について学びます。

STEP

組合員への配属

研修終了後、住民登録の実施を行います。

STEP

技能実習開始

雇用契約を結んだ、各受け入れ企業の実習計画に沿い、技術・技能に関する基礎知識やノウハウを学びます。

STEP

技能検定試験(初級)

1年間の実習の成果が問われる試験です。
次の資格に進むためには、この試験の合格が必要になります。

STEP

技能実習計画認定申請

外国人技能実習機構(OTIT)へ技能実習計画認定申請を提出。(審査は約2ヵ月です。)

STEP

入管等への申請手続き

申請を行い、「1号口」から「2号口」へと在留資格を変更します。

STEP

技能実習(2年目)開始

「技能実習2号口」という資格で、さらに難しい技術を学んでいきます。

STEP

在留期間の変更

入国管理局にて申請を行い、在留期間の更新を行います。

STEP

技能検定試験(3級)

技能検定試験への受験

STEP

技能実習(3年目)開始

「技能実習2号口」という資格で、さらに難しい技術を学んでいきます。

○技能実習3号の在留資格を取得すれば、2年間延長することが出来ます。その際には条件がありますのでお問合せ下さい。 

お問い合わせ
協同組合 さくら人材支援センター
〒960-2101 福島県福島市さくら三丁目1-18
TEL024-529-6425
FAX024-529-6426